WDR(ワイドダイナミックレンジ)とは?

■WDR(ワイドダイナミックレンジ)とは?

明るい窓の前に人がいるような極端な明暗差が同時に存在する場面や、逆光になっている場面を通常のカメラで撮影すると、暗いエリアにある被写体がほとんど認識できない場合があります。このような場合に、WDRは明るい場所と暗い場所両方にある被写体を映し出すことを可能にします。

特に、多くの窓に囲まれた店舗やオフィス等の逆光環境に有効です。


●WDRの特長

  • ・強い照明のある複雑な撮影シーンで詳細な画像を提供する。
  • ・まぶしくて視認できない部分の視認性を改善する。
  • ・色調と画像全体の迫真性を改善する。
  • ・撮影シーンの多様な光環境に適切に対応する。

●WDRの仕組み

WDRは、異なる露出レベルの複数の画像を撮影し、これらの画像の最も明るい部分と暗い部分を維持したまま合成画像に組み合わせ、非常に鮮明でシャープな画像を生成します。


●通常の画像とWDRを使用した画像との比較

WDRは、異なる露出レベルの複数の画像を撮影し、これらの画像の最も明るい部分と暗い部分を維持したまま合成画像に組み合わせ、非常に鮮明でシャープな画像を生成します。

WDR(ワイドダイナミックレンジ) 通常の画像とWDRを使用した画像との比較

遠隔監視システムにも最適なネットワークカメラ専用録画装置の詳細はこちら

製造ライン向け監視カメラシステム

新商品やお得なセール情報を配信!メールマガジンはこちら