5/3に発売された日本経済新聞に当社クラウド型監視カメラシステムについての記事が掲載されました!
とても分かりやす記事で、大きく掲載されました!

クラウド型監視カメラシステムの詳細はコチラから。
http://cloudnvr.systemk.co.jp/

 

また、5/8発売の日経産業新聞でも、クラウドNVRの記事が掲載されました。
※以下、記事本文より抜粋

ソフトウェア開発のシステム・ケイ(札幌市、代表鳴海鼓大)はクラウド方式で監視カメラネットワークを一括管理するシステムを開発した。
パソコン1台の画面で最大64台のカメラを閲覧、録画できる。カメラを設置する際の設定を簡略化するなど、手軽に導入できるのも特徴だ。
金融機関や小売など幅広い業種に売り込む。

開発したシステムは「クラウドNVR」。
利用者は専用ソフトを本社のパソコンなどに取り込み、現場のカメラ映像をインターネット経由で確認できる。
専用アプリを入れれば、スマートフォンでも閲覧可能だ。

現場での設置作業はカメラとルーターをLANケーブルで繋ぐだけ。従来はカメラ1台ごとにIPアドレスの設定が必要であったが、増設や移動、取り外しが迅速にできる。

カメラ1台は3万円からで、システム利用料は月2000円から。従来のシステムは数十万円以上の初期投資が必要だった。

金融機関のATMでの不審者チェックや、小売店の万引き監視、工場ラインの管理などを想定している。監視エリアや工場ラインの変更などにもすぐに対応できる。


遠隔監視システムにも最適なネットワークカメラ専用録画装置の詳細はこちら

製造ライン向け監視カメラシステム

新商品やお得なセール情報を配信!メールマガジンはこちら