2011年11月23日(水)キャラにスマホかざし認識 関連広告を表示 -日本経済新聞

LayarVisionに関する記事が、日経新聞に掲載されました。

Layar Vision

システム開発のシステム・ケイは、スマートフォン(高機能携帯端末)をかざしてキャラクターやロゴを認識し、関連情報をスマホ画面上に表示するサービスを始める。

11月から広告会社などと組み、印刷物とスマホを活用した新たな広告手法として売り込む。

AR(拡張現実)技術に強みを持つオランダのベンチャー企業、レイヤーの技術を応用。日本での公式パートナーであるシステム・ケイが、国内で事業化を手掛ける。

読み取る対象となる任意の画像パターンと、それにひもづける画像データに対した情報を、システム・ケイが運営するサーバーに置く。レイヤー社の無料ソフトを組み込んだスマホで画像を読み取ると、インターネット経由でサーバーに参照し、データを表示する仕組み。

静止画だけでなくアニメーションなど動画にも対応する。サービス価格はこれから詰める。「AR関連の売上高を年1億円に育てたい」(当社代表 鳴海鼓大)という。

印刷物と携帯電話を組みあわせた広告としては、2次元バーコード方式がある。今回の方式ならバーコードを印刷しなくても済むため、広告デザインの自由度が高まる。

拡張現実アプリLayar HP



聖地巡礼コンテンツ『マンタビ~札幌まんがLayar~』を
リリースしました。

本サービスは、『高校デビュー』(著:河原和音、出版:集英社)や『僕等がいた』(著:小畑友紀、出版:小学館)など、札幌市内を舞台とした多くの漫画情報を、カメラの撮影映像上に重ね合わせて表示します。

Layarは、スマートフォンに内蔵されているGPS機能と電子コンパス機能を利用しているため、地域に不慣れなユーザーでも、カメラの撮影映像上に表示された漫画情報の方向に向かうことで、漫画の舞台となったスポットを簡単に訪れることができます。

さらに、『義男の空』(著:エアーダイブ、出版:Dybooks)の舞台となったスポットでは、漫画に登場するキャラクターと一緒に、まるで自分が漫画の登場人物になったかのような記念写真を撮影することができます。

なお、2011年11月19日(土)には、本サービスを使用して聖地巡礼するモニタツアー(実施:株式会社シィービーツアーズ)も企画されています。漫画の舞台に合わせてツアーガイドによる説明を聞いたり、漫画に登場したスポットでの記念撮影も予定されています。

本Layarサービス事業は、日本商工会議所の「平成23年度地域力活用新事業∞全国展開プロジェクト」の一環として採択されたものです。Layarは、今後も本政策のような地域振興を目的とした制作や事業と連携し、さらなる地域活性化に貢献していきます。

■利用イメージ

聖地巡礼コンテンツ『マンタビ~札幌まんがLayar~』をリリースしました。

■参考URL

平成23年年度地域力活用新事業∞全国展開プロジェクト マンタビ~札幌まんがWEB~
http://www.mantabi.net/

■事業に関するお問い合わせ

札幌商工会議所
TEL:011-231-1375
web:http://www.mantabi.net/
〒060-8610 札幌市中央区北1条西2丁目


製造業向け事業継続セミナーのお知らせ

「生産全体の見える化とBCPによるリスク回避」をテーマにした製造業向けのセミナーで当社から「IPカメラを活用した製造業の災害対策」をご紹介させていただきます。ご興味ございましたらぜひご参加ください。

■セミナー開催概要

日時:8月4日(木)15:00~17:30(受付14:40から)
会場:日本アイ・ビー・エム株式会社 新渋谷事業所(東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティウエスト18F)
参加費:無料(事前登録制)
主催:株式会社リード・レックス
協催:株式会社システム・ケイ / 日本ビジネスコンピューター株式会社
協賛:日本アイ・ビー・エム株式会社

■お申し込み方法

以下セミナーホームページよりお申し込みください。
http://www.r-pics.com/event/110804IBM.htm


IPカメラ画像解析ネットワークビデオレコーダーリリース

IPカメラ画像解析ネットワークビデオレコーダー

Aimetis E3200のシリーズ Aimetis Symphonyをベースとしたビデオ管理・解析用のハードウェアで、16台のカメラをサポートするIPカメラ画像解析ネットワークビデオレコーダーです。

堅固なファンレスデザインとフレキシブルなインストールオプションによりE3200シリーズは床面積の小さな販売店、ガソリンスタンドなどのスペースに制約ある環境で理想的なソリューションを提供します。


NVR専用バックアップソフトウェア近日発売!

ネットワークカメラ専用録画装置 NVR専用自動バックアップソフトウェア  SmartBackup

SmartBackupはレコーダーの録画データを自動的にバックアップするためのバックアップソフトウェアです。

バックアップサーバ1台で最大16台のレコーダー(最大256台のカメラ)の録画データを、指定した時間に自動的に遠隔地にあるセンターサーバに効率的にバックアップすることができます。

また、バックアップ時の帯域幅を設定することができますので、ネットワーク環境に合わせてデータをバックアップすることができます。

(注)バックアップするレコーダーとは、当社製品であるNVRまたはICSProサーバを対象とします。

NVR専用バックアップソフトウェア  SmartBackupの主な特長

  • 最大16台のNVRまたはICSProサーバ登録可能
  • 最大256台のネットワークカメラ登録可能
  • バックアップ開始スケジュールを自由に設定可能
  • バックアップのタイミングはマニュアル/自動の2パターン対応
  • バックアップ時の帯域幅の設定可能
  • 録画データの削除、上書き、出力など多彩な管理機能
  • 最大9台まで同時録画再生可能
  • 最大4台までイベント時の録画再生可能
  • 異常検出時のメール発報機能
  • 遠隔地にあるセンターサーバへのバックアップ
  • 音声双方向通信

スマートバックアップHP:http://nvr.bz/nvr/specs/smartbackup.html


日本テレビ「真相報道バンキシャ」

2011年2月13日(日)18:00~日本テレビ「真相報道バンキシャ~目黒夫婦殺傷65歳 深まるナゾと防犯カメラ~」に放映された番組内で弊社NVRの映像が紹介されました。

遠隔監視システムにも最適なネットワークカメラ専用録画装置の詳細はこちら

製造ライン向け監視カメラシステム

新商品やお得なセール情報を配信!メールマガジンはこちら